特別養護老人ホーム(特養)を探すならココが私のお勧めです。

【特別養護老人ホーム(特養)】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介!

こんにちは、 “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山と申します。

今回は、【特別養護老人ホーム(特養)】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介いたします。

どうぞ最後までお付き合いください。

【特別養護老人ホーム(特養)】とは?

特別養護老人ホームとは、一般的に特養と呼ばれていることも多い老人ホームの代表的な施設のひとつで、介護保険法の定義では「介護老人福祉施設」というものに分類されています。

主に病気や障がいなどによって在宅での生活が困難とされた高齢者を対象として、日常生活を営むのに必要な介護やリハビリテーションなどを行う入居型の介護施設となっています。

運営に関しては、社会福祉法人を中心として自治体などが運営している事から公的な介護サービス施設として知られており、最大の特徴として言われているのが「低料金である」というところです。

これに関しては、他の介護施設と比較しても特別養護老人ホームは費用面で特に安いとされているため、施設型の介護施設の中でも最も安く利用することが出来ると考えられています。

また、介護サービス以外にも、看護師が日中は常駐している事が多いという事で、医療体制も充実しているところも多くあり、医療依存度が高い人でも入居する事ができるといった特徴を持っています。

そのため、一般的な介護施設では入居を断られるといった高齢者でも安心して生活する事ができますし、医師が定期的に往診に来たり、また、常駐しているところもありますので、医療面で安心できるというところは大きなメリットにも繋がっています。

ほかにも特徴として言われているのが、入居の審査基準というものが設けられているところで、入居の申し込みをした順番に入居する事ができるというわけではなく、入居審査によって優先順位が決められています。

そのため、入居待ちをしている高齢者が非常に多いというところが問題視されており、他の施設を利用しながら特別養護老人ホームの入居待ちをしているといったケースも少なくないとされています。

そして特別養護老人ホームには、「広域型」と「地域密着型」の2種類があり、広域型の場合は設置する市町村に限定せず、どこに住んでいる人でも入居申し込みをすることができるようになっています。

対して地域密着型は、その名の通り地域に密着したサービスを提供しているため、施設がある市町村に居住する人だけが利用できます。

【特別養護老人ホーム(特養)】の費用は?

特別養護老人ホーム(特養)の費用は安く設定されており、有料老人ホームなどで必要になってくる入居一時金などの初期費用は無料となっています。

そのため費用として計算する必要があるのは月額でかかってくる金額のみとなっていて、家賃・食費・光熱費をはじめとして日常生活の中でかかってくる雑費が追加で請求されるようになっています。

ただし、これらの費用は一律ではなく、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況のほかにも相部屋・個室ユニットなどの部屋タイプなどによって異なってきます。

そのため、世帯収入が少なくて相部屋などを利用すれば安くすることが出来ますし、逆に世帯収入が高くて個室ユニットなどを利用するとなると相場よりもやや高くなります。

特別養護老人ホームの居室タイプは4種類ほどあり、一般的な個室の場合はおよそ3万5千円ほどなのに対して、大部屋などの相部屋はおよそ2万5千円程度と1万円程度の差額があります。

さらにユニット型の個室を利用するとおよそ6万円ほどかかりますし、同じユニット型でも相部屋に近い状態の部屋であればおよそ5万円ほどで利用することが出来るようです。

また、月額でかかってくる費用の中には、「施設サービス費」と呼ばれているものがあり、こちらは要介護度によって設定されている費用が異なっています。

一般的に要介護度が軽ければ費用も安くなっていますし、逆に要介護度が重くなればその分サービス費用も高くなっています。

このように特別養護老人ホームの場合は、他の老人ホームや介護施設と違って世帯収入などの面で料金設定が異なってくるほか、施設によって料金設定も異なってきます。

事前に利用する高齢者の要介護度なども含め、どの程度の費用になるのかを確認しておく必要があります。

ちなみに社会福祉法人等利用者負担軽減制度を導入している場合、認められれば介護保険1割負担額・食費・居住費が25%軽減されるなどの優遇を受けられる事もあります。

施設によっては制度を導入していないところもありますが、事前に確認しておくと、さらに安く利用することが出来るのでおすすめです。

【特別養護老人ホーム(特養)】の入所基準

特別養護老人ホーム(特養)の入所基準としては、まず基本として「65歳以上の高齢者であること」「要介護度が3以上である事」が挙げられています。

ただし、認知症の有無や家庭環境を考慮した場合は、例外的にこれらの条件を満たしていなくても入居する事ができると言う場合もありますが、原則としては上記の条件を満たしていないと入居する事はできないとされています。

それ以外の条件としては、伝染病などの疾患がないことや、長期的な入院を必要とするような病気を持っていないことなどが挙げられていますが、基本的にはある程度の医療処置を必要としている人でも入居する事ができます。

ですが、医療処置に関しては施設によっては対応できる内容が異なっているので、対応できない医療処置を必要とする場合には入居を断られてしまう可能性もあります。

ですので、医療面でサポートが必要だという人の場合は、事前に施設がどの程度対応する事ができるのかを確認しておく必要があります。

また、特別養護老人ホームは上記で説明したように入居するための審査を通過する必要があり、これは市区町村などの各自治体に対して、入居の申請をしてから入居するまで定期的に行われるようになっています。

これは「老人福祉法第15条第6項の規定」と言う法律に則って行われている審査であり、入所検討委員会の審査を経て入居できるのかどうかという判断を貰うようになっています。

ということは、入居申し込みをすれば必ず入居する事ができるというわけではなく、場合によっては入居不可と判断されてしまう事もあります。

ただし、以前は要介護2以上で入居する事ができるという条件だったために、入居待ちをしている高齢者が非常に多いといった点が問題視されていました。

しかし、法律が改正されて要介護3以上と設定された事により、ある程度問題が緩和されたといった傾向も見られています。

しかも、要介護度が上がればそれだけ入居の必要性も高まってくるので、順番が早く回ってくるという可能性もあり、入所基準としては厳しい面もありますが、人によっては緩和されたと感じている人も多くいらっしゃいます。

【特別養護老人ホーム(特養)】のメリット!

特別養護老人ホーム(特養)を利用するメリットとしては、上記でも述べた特徴にある「低料金で利用することが出来る」というところが挙げられます。

一般的に老人ホームを利用する場合には、入居一時金などの初期費用が必要になると言うところも多いのですが、特別養護老人ホームの場合は基本的に入居一時金が必要ありません。

また、月額でかかる費用としても13万円前後が相場となっているので年金でまかなうことができるようになっており、利用料金は所得に応じてある程度減額されることもあるので、あまりお金がないと言う人でも比較的入居しやすくなっていると言うところが魅力でしょう。

そしてもうひとつのメリットが、「施設に多様性があるので比較検討しやすい」というところがあります。

特別養護老人ホームは公的な介護施設であることから、以前はそこまで施設によって個性や多様性がなかったのですが、最近では大部屋や個室・ユニット型など色々な部屋が用意されています。

そのため、利用しやすい部屋を選ぶ事ができるようになっていますし、イベントやレクリエーションにも力を入れる施設が増えてきているので、ただ毎日を何気なく過ごすだけではなく、活き活きとした生活を楽しめるようになってきています。

特にデイサービスが併設されているところでは、デイサービスと共同でイベントを開催する事も多く、外部の友人を作る事ができるというメリットもあります。

他にも重要なメリットとなっているのが、「介護や医療が充実している」というところで、介護に関しては24時間体制で受ける事ができるようになっています。

医療に関しても、オンコール体制ですぐに看護師や医師が駆けつけられるようになっているところも多いので、万が一夜間や日中に何かあっても安心して生活する事ができます。

このメリットから「長期間入所生活をすることになっても安心できる」というところが挙げられていて、終身利用することが出来る特別養護老人ホームも増えてきています。

【特別養護老人ホーム(特養)】のデメリット!

では逆に、特別養護老人ホーム(特養)を利用することで起きるデメリットとしては何があるのでしょうか?

一番多く言われているのが、「入居審査が厳しくてなかなか入居する事ができない」というところです。

と言うのも、原則として入居できる条件が要介護度が3以上と設定されており、現時点で要介護3以下の場合は入居する事ができないようになっています。

申し込みそのものは出来るのですが、その点で入居できる高齢者が限定されていますし、例え要介護度が3以上になったとしても、そこからさらに厳正な審査を受ける事になります。

入居審査に関しては一定の期間で行われており、そこですぐに入居する必要があるのかどうかと言うところを審査されます。

そのため、どんなに家族がすぐに入居させたいと考えていても、特別養護老人ホーム側が必要ないと判断してしまった場合はどんどん後に回されてしまうわけです。

特に認知症の有無や家庭環境によって配慮される事もあるのですが、介護度が高くてもある程度自立している人や医療依存度が高すぎると言う人の場合は、後回しにされてしまう可能性が高いと考えないといけないでしょう。

また、特別養護老人ホームでは医療体制が整っているところが増えてきているのですが、その一方で夜間に看護師が配置されていないなど「医療体制が不十分である」と言う部分も否めないデメリットであります。

これは、特別養護老人ホームの運営条件として夜間の看護師の配置が義務付けられていない事が理由だとされており、オンコール体制などの呼び出し体制で対応しているところがほとんどです。

そのため、本当に緊急事態の場合にすぐに駆けつけられないと言う場合もありますし、医師と連絡が取れなかった場合には対応が間に合わなくなると言う可能性もあります。

日中の医療体制に関しても、医療処置によっては対応できないと判断されるものも多く、そのことから医療依存度が高すぎると言う人の場合は入居を断られてしまう事があるといった部分がネックになっています。

これらの医療体制に関しては、徐々に改善されてきている傾向はあるものの、古くから運営されている施設の場合は、対応し切れていないところも少なくないため注意が必要です。

【特別養護老人ホーム(特養)】を探すなら『LIFULL介護』がお勧め!

特別養護老人ホームは公的な施設であるため、広告などを提示しているところが少なく、情報収集をすることが難しいという点があります。

そのため自分たちが住んでいる地域に、一体どのような特別養護老人ホームがあるのか、また、どのような特徴を持っている施設があるのかなどを自分たちで調べるためには、各自治体に問い合わせる必要があります。

でもそんな手間をかけたくない、もっと手軽に情報を集めて調べたいと言う人も多いのが現状です。

そんな方に是非お勧めしたいのが、『LIFULL介護』なのです。

この『LIFULL介護』というのは、インターネットサイトとして運営されている老人ホーム検索サイトであり、全国に展開している様々な老人ホームの情報を掲載しています。

その中には、もちろん特別養護老人ホームの情報も掲載されており、自治体などが提供している基本的な情報以外にも、様々な内容を確認する事ができるサイトになっています。

そのため、自分たちが欲しい情報を見つけることが出来ますし、複数の特別養護老人ホームを比較検討することもできるようになっています。

写真付きの施設も公開されており非常に見やすくなっていますので、単純な情報収集だけではなく、本気で施設を捜しているという人にも利用しやすくなっています。

また、資料請求などをする場合には直接施設や自治体に問い合わせる必要はなく、『LIFULL介護』を経由して複数の施設の資料を一括で請求する事も可能です。

資料請求以外にも施設見学などの予約・申し込みにも対応しているので、ひとつのサイトでほとんどの段取りを整える事ができると言うところもメリットです。

さらに、取り扱っている老人ホームの情報数はトップクラスで、一般的に地域の人にしか名前の知られていないような施設の情報も掲載されています。

ですので、地域密着型の特別養護老人ホームを探す時はもちろんですが、広域型などどこに住んでいても申し込みをすることができる特別養護老人ホームを探したいという時にも活用する事ができるのです。

このように、情報収集だけに限らず、幅広い用途で利用することができるのが『LIFULL介護』の最大の特徴と言えるでしょう。

これから【特別養護老人ホーム(特養)】を探したい、とりあえず情報を集めておきたいといった方は、しっかり『LIFULL介護』をチェックしておくのが良いかと思います♪


公式サイト

【特別養護老人ホーム(特養)】を探すお勧めサイト『LIFULL介護』はコチラへ


■LINK■